You have not signed in, your progress will not be monitored for certification purposes. Click here to sign in.

双胎妊娠

 

双胎は全妊娠の1-2%を占め、3分の2は二卵性(non-identical)、3分の1は一卵性(identical)である

  • 二卵性双胎の頻度は白人女性より黒人女性で高く、母体年齢、妊娠方法によって増加する(排卵誘発により20%増加)
  • 一卵性双胎の頻度は全人種で同様であり、母体年齢によって変動しないが、IVF妊娠では2-3倍高いと考えられる
  • 最近20年で双胎の割合は増加してきており、これは二卵性双胎でより顕著である。双胎数増加の3分の2は生殖補助医療によるものであり、3分の1は母体年齢の上昇による
  • 二卵性双胎では、胎児はそれぞれの胎盤と羊膜腔を有する。一卵性双胎では同じ胎盤(一絨毛膜性双胎)、羊膜腔(一羊膜性双胎)、また臓器(結合双胎またはシャム双生児)を共有しうる。二卵性双胎の3分の1が二絨毛膜性(DC)、3分の2が一絨毛膜性(MC)である
  • よって、一絨毛膜性双胎は全て一卵性であり、二絨毛膜性双胎の7例に6例が二卵性である